結婚報告の仕方【職場編】

職場への報告

お互いの両親へ結婚の報告が終わったら、次は職場への報告ということになります。
両親への報告では新郎新婦が同席して報告を行うことになりましたが、職場への報告の場合には自分の職場には自分で報告することになります。(もちろん、職場結婚の場合には一緒にするのが良いでしょう)
では、具体的に職場への報告においてはどのようなことに注意するべきでしょうか。

まずは、どのタイミングで報告するのか、ということが重要です。
流れとしては両親への報告の後に職場への報告ということになりますが、これは実際の結婚式などから見てどのぐらいの時期だと考えれば良いのでしょうか。
中には「結婚は個人の自由なのだから職場に必ずしも伝える必要はない」と考える人もいるかもしれませんが、社会の組織のなかに属している以上、今後の活動にも大きな影響を及ぼす事が考えられる結婚は責任をもって報告するべきです。
報告することによって、休暇の取り方や転勤などにおいて配慮してもらえることも多く、マイナスとなることは少ないでしょう。

男性の場合は結婚後もそのまま仕事を続けることが多いため、そこまで時期が早め早めである必要はありません。
大体3ヶ月前までに報告を行っていれば十分でしょう。
しかし、女性の場合には結婚後に退職をする、ということも少なくなく、その場合にはより早い段階に連絡しておくことがお互いのためになります。
この場合は半年前までには報告を行っておくのが良いでしょう。

会社によって結婚や退職に関する規定は違っている部分も多いため、服務規程を確認し、違反がないようにします。
ただし、この服務規程は法律に優先されるものではないため「結婚は許さない」といったような自由を侵害する内容や、「退職は認めない」といったような労働基準法に悖る内容については必ずしも遵守の必要はありません。

職場における結婚報告は、まず「直属の上司」から行いましょう。
上司にとって部下の動向を知っておくことは重要な仕事の1つであるため、部下としてはこれをサポートするように振る舞うのが重要です。
良くあるのが、仲の良い同僚に先に話してしまったために、気づけば噂となって上司に知られてしまっていた、というようなパターンです。
聞いていなかったフリをしてくれる上司もいますが、場合によっては冷遇を受けることになるでしょう。

直属の上司に報告すると、今度はその上司から誰に報告を行うべきかを指示してもらえます。
さらに上長に対する報告を行ったり、他の部署などに対する挨拶を行うこともあります。
その上で最後に、職場の同僚や友人に対する報告、という順序となります。

伝える内容

では、実際に職場において結婚の報告をする場合、どのようなことを伝えれば良いのでしょうか。
両親への報告の場合には自分のことや、馴れ初め、あるいは決意などを報告することになりますが、そんなことを上司相手に報告しても仕方がありません。
上司・同僚に報告するべきなのは「結婚」自体のことではなく「結婚に伴う変化」のことです。
例えば結婚にともなって仕事をやめるのであれば、このことは早くに知らせて置かなければなりません。

さらに、職場に残る場合、女性は出産の予定や希望があるのか、ということも伝えておくのがべターです。
最近はこういうことを職場側から聞くとマタニティー・ハラスメントと騒がれてしまうこともありますが、自分から伝えておく方が後々のトラブルを減らす事ができます。
実際問題、戦力として期待していた人が出産などの理由で離脱してしまうのは、会社にとって準備しておかなければならないことであるのは間違いないためです。

また、上司以外の同僚に対しての報告を行う時には、その人を来る結婚式に招待するのか、ということを考えて置く必要があります。
小さな会社であれば全員を呼ぶ、ということもありますが、ある程度以上の人数がいる場所となるとそうもいきません。
呼ぶ人、呼ばない人を考えた上で、その報告の仕方にも注意するようにしましょう。

さらに上司にスピーチを頼みたい場合などには相手のことも簡単に伝えておくのが良いでしょう。
せっかくの幸せな門出です、職場からも祝福されるような報告ができるようにしましょう。